34歳で新米パパになった男の奮闘記

男の子のパパになり早1年。趣味は車と音楽と(子育てといいたい)。趣味や育児について父親目線で書き連ねていきます。

レーズン好きに贈るレーズン菓子、パンコレクション2019 Vol.1

レーズンって美味しいですよね。自分はレーズン大好きなんですが、特にレーズンの入ったお菓子やパンが大好物です。しかし、奥さんは大のレーズン嫌い。我が家ではレーズン派は反レーズン派に抑圧されながら生きてきました。そんな中、子供が誕生。抑圧されてきたレーズン派は巻き返しを図るべく、子供にレーズンを好きになってもらおうと考えました。

 

目指すはレーズンパンを作る!

 

その前に、私がオススメのレーズン商品をお届けします。これを食べながらレーズンパンの構想を練っていきます。

 

 

レーズン菓子の王様

レーズン好きになったきっかけはこれ。

親が出張のお土産か何かで買ってきたのが始まり。高級そうな包みを剥がしていくと、柔らかいクッキー生地にサンドされたクリームとレーズンが甘い香りと共に姿を現します。手で掴むと、脆くも崩れていきそうな儚さ。一口では大きすぎ、三口では小さすぎるそのサイズ感も絶妙。口の中に頬張ると、 口の中に広がるバターの風味。噛んでいく度に甘いレーズンの果肉が踊ります。まさにレーズン菓子の頂点に立つレーズン界の王様。しかしマルセイバターサンドは、そう簡単に手に入る代物ではありません。(ネット通販で買えるけど)

 

突如コンビニに舞い降りたレーズンバターケーキ 128円(税込)

f:id:papa-since2017:20190214000503j:plain

ある日ふらっと立ち寄ったミニストップでこれを目にしました。見た目は巨大なマルセイバターサンド。サンドされた隙間から覗くクリームとレーズン。そしてこのサイズ感でこの値段。気がつくとレジにて、この商品のお会計を済ませていました。さて、名前の通り、これはあくまでケーキ生地です。マルセイバターサンドと違い、生地を噛んだ時の食感はフワっとしていますが、この大きさに対して、クリームやレーズンの量はやや少ないかな…といったところです。さすがにバターの風味なども違いますが、この値段から考えると良い商品です。サイズも大きいのでブラックコーヒーMサイズと一緒に嗜みたい一品です。

 

食べ応えバッチリ!商品名が全てを物語るぶどうパン 118円(税込)

f:id:papa-since2017:20190214001029j:plain

同じくミニストップから、ぶどう好きのぶどうパンです。ぶどう好きのライセンスを得た者のみが口にする事ができます。パンは至って普通のコッペパンですが、レーズンがかなり多めに入っています。どこから食べても、どのサイズで口に入れてもレーズンが侵入してきます。「ボクはここにいるよ」とレーズンが語りかけてくる、まさにぶどう好きのぶどうパンの名に恥じぬ一品です。

 

本家に勝負を仕掛けたチャレンジャー 124円(税込)

f:id:papa-since2017:20190214001535j:plain

こちらもミニストップから。見た目から、まさに本家に対して真っ向から挑戦をしかけている一品。サイズ感もほぼ同等(縦横比が違いますが)です。値段もサイズも、最初のレーズンバターケーキとは差別化がされており、こちらは上級者向け、といったところでしょうか。レーズンの風味が足りない気もしますが、マルセイバターサンドを求めている方には是非食べ比べてほしい一品です。

 

Vol.2へ続く

実は大人も楽しめる!こどもの遊び場<ビビット南船橋ファンタジーキッズリゾートレビュー>

以前より、ららぽーと船橋の中にあるこどもの遊び場「キドキド」にはよく行っていました。知育おもちゃや、おままごとセット、1歳にはまだ早いですが多種のパズルなどの他、巨大なボールプール、巨大なトランポリンのようなクッションなどなど。数時間いても飽きないような施設になっています。

 

kidokid.bornelund.co.jp

 

そんな中、ららぽーとの隣にあるビビット南船橋にも子供が遊べる施設がオープンしたとの情報を得ました。ビビットは出来た当時に一度行ったきりで、なかなか足を運んでいませんでしたので、どんなもんかな?と思いHPを調べてみました。

 

www.fantasyresort.jp

 

なんかいろんな種類のアトラクションがあって面白そう。ってのが第一印象でした。先日、平日にお休みが取れたので親子3人で行ってきました。

 

今はららぽーとであっても、平日(特に午前は)ガラガラです。ショップ側としては辛いんだろうな〜と思いつつ、ららぽーとには平日しか行きません。そんなららぽーとの横にあるビビットも、かなり客足が遠のいていると聞いていました。今回足を運んだ際も、やはり1階の食料品売り場以外のフロアは割と閑散としていました。

 

お目当のファンタジーキッズリゾートは4階にあります。

 

1日遊んで990円だけど1歳以上も同額

f:id:papa-since2017:20190214004138j:plain

料金プランはこんな感じです。1日遊び放題では大人も子供も990円(平日)。ディズニーでいうところのアフター6的な割安料金プランもありますが、平日は18時閉店。少し勿体無い気もします。タイムパックという1時間ごとのプランもありますが、正直1時間で出れるほど甘くはない。子供にとってはかなり魅力的な施設だと思います。

 

f:id:papa-since2017:20190214004733j:plain

受付と会計を済ませると、ロッカーエリアがあります。ここで靴や荷物を預けます。細かいですが、荷物のロッカーの100円は戻ってきます(笑)

 

さて、うちの子供は靴を脱ぎ、ロッカーエリアを飛び出した先にある物を見てビビって泣きました。そこに待ち構えていたのは

 

f:id:papa-since2017:20190214004947j:plain

巨大なクジラさんの口です。これは何かというと、空気で膨らんでいる滑り台になっています。この口の中に登っていくと、反対側から滑って降りられるというものですが、とにかく大きい!ビビったのも仕方ないと思います。ただ、これは流石に1歳では大きすぎるのと、傾斜がまだ急すぎて一人では無理でした。

 

ちゃんと0歳から1歳半までの子が遊べる専用スペースもあります。知育おもちゃやボールプールがあったり、

f:id:papa-since2017:20190214005449j:plain

いろんな種類の足こぎバイクがあったりします。これは本当に楽しそうに乗っていました。広いスペースだったので気兼ねなく遊べるのと、いろんな種類のものに乗れるので、親が足こぎバイクを購入する前にお試しみたいな感じでも使えます。

 

この乳幼児スペースにも空気で膨らむ滑り台がありました。

f:id:papa-since2017:20190214005637j:plain

これまた巨大なカニさんです。傾斜や高さはそれほどではなく、1歳の子供も頑張れば登れるレベルです。最初は怖がっていましたが、何回も滑っているうちに楽しくなって自分から階段のある裏側へ走っていくようになりました。

 

この他にも、ゲームセンターにあるような子供用のメダルゲームや、マリオカートなんかが遊び放題だったり(一応コインは一人20枚までですよ〜とは書いてあります)、ステージ広場では定期的にイベントが行われています。この日は大きな絵本の朗読会や、ビンゴ大会がありました。

f:id:papa-since2017:20190214010112j:plain

 

まだ、うちの子供には難しかったので近づきませんでしたが、砂場コーナーもありました。あとは床一面が道路のイラストのマットになっているこんなところ

f:id:papa-since2017:20190214010239j:plain

ここではプラレールやトミカで遊び放題です。ここも、まだうちの子供には早かったようですが、3歳ぐらいの男の子は電車に熱中していました。

 

この他にもまだまだ、いろんな遊び場があります。空気で膨らむシリーズは計4つあり、どれも巨大で迫力があります。

 

広い休憩スペースもあり、お弁当を持ち込むことも可能です。飲み物の自販機も設置されています。一時退室して、フードコートやららぽーとへご飯を食べにいくことも可能です。もちろん再入場出来ます。

 

何より自分が一番気に入ったのは、平日午前は本当に人が少なく、巨大滑り台など通常ではかなり競争率が高いであろう遊具が遊び放題な点です。この日は途中休憩挟んで5時間滞在しましたが、子供も大満足でした。昼寝を忘れて遊んだ為、夕方は大泣きでしたが(笑)

 

キドキドにはキドキドの良さもあり、ファンタジーキッズリゾートにはこちらの良さがあります。とってもおすすめです。

虐待としつけの境目

一連の報道の最中、ペットに対してまで虐待を行なっているというニュースが舞い込んできました。千葉の虐待のケース然り、今回のペットの件然り、虐待を行なっている加害者には「これはしつけである」という考えを持ち、虐待しているという認識をしていないケースがあります。

 

 

 

虐待とは(ウィキべディアより抜粋)

むごい扱いをすること。繰り返しあるいは習慣的に、暴力をふるったり、冷酷・冷淡な接し方をすること。具体的な内容は様々で、肉体的暴力をふるったり、言葉による暴力をふるったり(暴言を浴びせたり、侮辱したり)、いやがらせをしたり、無視をする、等々の行為を繰り返し行うことを言う。

 

以上のようなものを一般的に虐待と呼びます。しかし、あいまいな部分も多いのが現実です。

 

教育現場での虐待行為

学生の水分摂取。以前は運動部で部活中に水分を取るなどもっての他。僕たちはギリギリその世代ですが、隠れて水を飲んでいたものです。今では立派な虐待行為。適度な水分摂取を部活動中にも促さないといけません。

 

また、学校に在籍している以上、登校して当たり前、という認識も今は違います。無理をして登校する(させる)ことも含めて、みんな行ってるから他の子と同じように受験に受かる事が全て、を目指していた戦後の日本では学齢期の自殺率が上がってしまいました。無理せず、教室に入ることを目的とせず、その子のペースにあった学校生活を支える事が今の教育現場の基本になりつつあります。

 

子供の恐怖心を煽るのではなく、成功体験を積ませよう

病院内でぐずる子供に対して、おとなしくしていないと痛い注射打っちゃうよ!という声かけは良くないと言われています。恐怖心を煽るような声かけも虐待と捉えられるのが現状です。ここはしつけとの境目が難しい部分だとは思います。

少し見方を変えれば、注射に対して余計な恐怖心を与えず、おもちゃや動画などで気を逸らしている最中に注射を済ませる事で、気が付いた時には終わっているというスムーズな処置をしてくれるドクターが増えました。ここで親としては、「すごいね、注射大丈夫だったね」などと声をかける事で、泣かなかった(騒がなかった)という成功体験を子供に積ませることが出来ます。これが子供にとっては自信に繋がり、とても良いそうです。ぜひ、自分の子供にもやってあげたいしつけ方法だと思います。

 

文化なのか、虐待なのか

つい先日、節分の日でした。我が家も、鬼が現れましたが、見た瞬間に子供は大泣き。手がガクガクと震えていて可哀想なことをしたと感じてしまいました。少しコスチュームが怖すぎたようです。

同じ日、日本各地で行われていた行事のニュースが飛び交っていました。鬼の場合もあれば、顔面を黒塗りにした男が家に上がってきて、子供を追いかけ回すという映像もありました。

 

「いい子にします!いい子にします!!」

 

と泣き叫ぶ女の子を見て、微笑ましいと思う反面、自分の子供の大泣きの風景と被り、やりすぎな気もしました。先の注射の件と何が違うのか。恐怖心で子供を抑圧するような形には子供のメンタル面に悪影響もあるような気もします。実際に我が子は、節分の日よりしばらく寝つきが悪く大泣きするようになってしまいました。(原因が他にあったのかもしれませんが)

自分の地元にもお祭りがあり、それを否定することは出来ません。今回各地で行われた行事にも、その地方の方々の想いがあるわけで、一概にこれはダメでしょう、とは言えないです。そこをフォローしていくのは、家族の役割なのかなとも思います。「怖かったね、今日はお母さんと一緒に寝ようね」とか、「いつもいい子にしてたから、あんまり寄ってこなかったね」とか、家族の声かけ一つで怖い思い出が変わってくるはずです。そして、これこそが「しつけ」なのだとも思います。

 

障がい者施設での事例

これは以前私が出席したセミナーでの話で。とある障がい者施設でのケースです。ある利用者が、やむを得ない理由で施設入所しましたが、入所後、食事を摂ってくれない事が日に日に多くなっていき、体重がみるみると減少してしまったそうです。施設側としては家族の了承のもと、やむを得ず拘束しての食事摂取の方法を取ったとのことでした。拘束は一般的には虐待行為に当たります。ここでセミナーの講師がおっしゃっていたのは、拘束がやむを得なかった事で食事が取れて終了、ではなく、次は拘束の程度を少しずつ緩める、拘束をしないで食事摂取を行う方法を考えて、将来的には拘束しないような形を目指していくことが大切であり絶対必要とのことでした。しつけとは違いますが、何かを伝えて前向きに進んでいく過程は一緒だなと思いましたし、ここに施設職員のやりがいが見いだせると、仕事は楽しく感じるのかもしれないと思いました。

 

子供にとって怖い存在は必要か

自分は必要だと考えます。それは、悪いことをしたらバチが当たるかも、という神様の存在であったり、部活などの試合で失敗することで仲間に迷惑がかかってしまうかも、というプレッシャーであったり、怖い人、怖い物、怖い未来など形は様々ですが、モラルの獲得や、乗り越えた時の成長が必ずプラスになると考えています。それと、ニュースで報じられているような、恐怖で押さえつける行為はしつけとは呼ばず、ただの虐待です。力や言葉の暴力で押さえつけてしまうと、その相手は自ら考えを発展させることなく、ただただ相手の意思に従ってしまいます。そこにはなんの発展も見られないと思います。

これがうちの教育方針だから、と言う人もいるかもしれませんが、やはり一般的にその範疇を超えたしつけを行なっている場合は、それは虐待であると思います。そして、それは通報対象となります。そうして第3者が家庭に入った事で、親が虐待を認識して、改善するケースもあります。だからこそ、児童相談所や子育て支援課のようなセーフティネットが重要です。今回の一連のニュースと節分のイベントを通して、虐待としつけの境目を今一度考えてみるきっかけになりました。

 

なんだか書いていて気持ちがまとまっているような、文章にまとめられていないような。ちょこちょこ頭を整理して編集していきます(笑)

燃えるゴミの日が減ったことでベビーゲート購入を決意<西松屋ブランド>

去年の秋に燃えるゴミの日が週3日から週2日に変わりました。清掃業の方も大変でしょうし、ゴミを減らすきっかけになっていいのかな?と前向きに捉えてみましたが…

 

実際はめっちゃ不便です!

 

これまで大きめのゴミ箱に45リットルの袋をセットしていましたが、さすがに週2回だと、途中で容量オーバーしてしまいます。臭うものもあるので、ベランダに出しておいたりもするんですが、ゴキブリを呼び寄せてしまわないか心配になります。

ゴミ箱とは別に、もう一袋ゴミ袋を出して、生ゴミ系以外を入れる用にしました。ティッシュの空箱だったり、お菓子の空袋だったり。それでもごみ袋はいっぱいになってしまいます。特におむつはかさばる!うちではポイテックを使用していますが、ポイテックの容器自体がパンパンになってしまうこともあり、なかなかごみ問題は解決しません。

 

 

ごみ箱がパンパンになる&ゴミ袋が増えたことで、もう一つ問題が出てきました。子供が元気に歩き出したのです。見えるもの全てを引っ張り出すようになり、届く範囲の棚のものは封をするか、棚という名のオブジェとして鎮座することになります。本やDVDを引っ張り出すくらいならまだいいのですが、ごみ袋に手を伸ばすことが増えました。食器棚やコーヒーメーカー、炊飯器も触りだし、これはもうベビーゲートを購入するしかない!夫婦で意見が一致。

 

まずは実物を見に行こうということで、近所の西松屋へ行きました。おおまかに、ベビーゲートには2種類あります。

 

①ゲートが開閉するタイプで通りやすい。ロック式なので子供には開けられない。

②ゲートで塞いでしまうタイプ。大人はゲートを跨いで通る。

 

我が家に設置する場所はリビングからキッチンに向かう通路。ここ一択しか選択肢がありませんでした。幅は約100センチ。実はこの幅がネックになりました。100センチ幅ってあまり対応商品が無いのです。80センチ幅だと、種類は豊富だし、値段は手ごろなんですが、100センチ幅で、①の開閉するタイプだと諭吉さんが飛んでいきます。実際にAmazonでは高額なものしか見当たらず、西松屋に賭けてみたというのが現状です。

 

さて、実際に西松屋に行くと、やはり①のゲートが開閉するタイプはAmazonほどではありませんが高かったです。②の塞いでしまうタイプは3500円程度。安い!高さは…約60センチ程度。身長の低い嫁も、ぎりぎり跨げそうです。

 

余談ですが、この時に60センチってどのくらいだろう??となりましたが、iphoneの中に入っている計測アプリを初起動!これはカメラを使用して被写体のサイズを図る事が出来るアプリです。いつかのiOSアップデート時にインストールされていたのは知っていましたが使いどころが無く。まさかの出番となりました。

 

迷いましたが、②のタイプの安さに惹かれ購入!こんな感じで子供の進路を塞いでくれています(笑)買ってよかったです^^

f:id:papa-since2017:20190212000542j:plain

 

 

千葉の虐待死事件と児童相談所問題

虐待のことについて書くのは何度か目です。

 

www.papa-since2017.com

 

www.papa-since2017.com

 

誰もが同じ感情かと思われますが、千葉の事件、すごく酷い事件です。母親も逮捕されましたが、当然であると思います。逮捕されたって、被害者の子はもう救われることはないんですけどね。今回も児童相談所の対応もひどいと思いました。一度保護した後に、自宅に戻した理由に、「なにかあればすぐに対応ができる体制のつもりだった」というような事を話しているようですが、「なにかあれば」っていうのが「また叩かれていたら、虐待されていたらすぐ保護しますよ」ってことなんでしょうか。つまり、また被害者は被害を受けるわけで、虐待を未然に防ぐ意思が感じられません。あの両親が悪いことは明白ですが、それ以外も機能しなかった仕組み含めて、ひどいとしか言いようがないです。

 

自分も仕事柄、役所の方とお仕事を共にする機会がありますが、まぁ課を跨いでの連携は難しいな、といつも思います。いろんな課がいろんな役割を担っていて、何か一つアクションを起こすための書類であったり手続きであったりが非常に分かりづらい。ここがシンプル過ぎても良くないとは思うのですが、今回、児童相談所、学校、行政、県の連携がうまくいかなかった理由はなんとなく見えてきます。

そして、よく、お役所仕事、とか、公務員は楽、とかいう人もいますが、自分が関わる役所の職員さんはめちゃくちゃ大変そうです。定時に上がってる人はほとんどいないんじゃないでしょうか。(私の周りの役所の職員さんはそうです)

たまに進路に迷ってる学生と話す機会がありまして、公務員で安定して楽に働きたい、と笑顔で夢を語る学生さんがいます。さてさて…。

 

去年、青山の児童相談所問題がニュースで取り上げられていました。品位が…とかそんな発言がクローズアップされていましたが、私の経験上、どれだけ裕福で、とても有名なところにお勤めされているような人でも児童虐待を行う可能性はあります。自分が関わった例では、父親が子供の事を理解しておらず手が出てしまうケースでしたが、この父親は海外でのお仕事もされている方で、とても優秀な方でした。しかし子供のことについて話し合う過程で要所要所に、横文字を挟んできました。それもあまり聞きなれない単語で。インセンティブがどうのこうの~あたりの発言は分かりましたが、なんだか聞いてる側はシラ~って感じです。帰国子女で自然に出てしまう、ような感じじゃなくて完全にルー大柴でした。外の人間に対して自分は優秀なんだと見せようとする姿勢。実際に教養もあって優秀なんでしょうけれど、虐待とそれとは別。子供の上手くいかない事を理解しようとせずに、自分の成功体験のみを子供に当てはめようとして、子供の失敗を許せずにいました。結局、子供は養護施設に預けられることとなりました。青山の人だって、虐待するかもしれないし、青山の子供だって虐待されるかもしれないんですよね。近くに相談所があれば、本来であれば細やかな訪問や同一地区の学校との連携が容易になります。遠くだと、なかなか難しいと思います。セーフティーネットの役割を果たすには、やはりそれぞれの地区に必要な施設だと私は考えます。

 

児童相談所しかり、こういった相談支援事業系、ケースワーカー系の人材は慢性的に不足していると思います。相談事業に携わるには、新卒や未経験の方ではなかなか難しい場面も多いと思われますので、余計に人材を拡充しづらいのではないでしょうか。学校も先生が余裕が無いとも言われていますし、こういった子供を取り巻く環境について、もっと色々時代に合わせた変革を行っていくべきじゃないかと思います。幼保無償化も立派な施策だとは思いますが、そうじゃなく、教育の中身、児童に関わる機関の在り方についてじっくり政府には考えてほしいな。

雪の日は車に乗らない東北出身人間

雪降りましたねー。

 

f:id:papa-since2017:20190210073147j:image

 

昨日は出勤だったのですが、朝起きて窓の外を見て、ベランダの手すりにうっすら積もっていた段階で車での通勤を諦めました。我が家の車はスタッドレスを履いていません。

 

自分は東北の雪国出身です。そこの街は、都会と違い車は一人1台っていうのが本当です。電車はほとんど乗りません。市の中を電車が横断していく…ようなレールの敷き方ではないので、隣の市などに用事がある、というような遠出する人しか使わないのが現状です。ついでに言うなら、車両は2両。無人駅も多く、ワンマンバスならぬワンマン電車というものがあり、降りるときには運転手に切符を出す必要があるので、最前列の車両に移動して、一番前の出入り口から下車しなければなりません。

 

そんな街出身です。

 

我が弟が関西で初めて一人暮らしを始めた際に、駅に東口と西口があったことで混乱して、「兄ちゃん!同じ名前の駅が二つあるんだけど!」と言ってきたのは懐かしい話です。駅の出入り口が多数あるなんて、信じられないんですよ。

 

さて、そんな私ですが、雪道の運転はある程度経験があります。もちろんスタッドレスを使用しての走行です。しかし、この関東に来てからはスタッドレスを履こうと思ったことはありません。雪に日に乗ってはいけないと感じているからです。

 

さかのぼること数年前。この日も、昼頃からぼたぼたと雪が降り始め、一気に10センチ以上積もったことがありました。その際に、多くの車がノーマルタイヤで立ち往生したり、坂でスリップしたり…。私も、たまたま通りかかったコンビニの出入り口にハマった車両を押してあげたりもしましたが、道のあちらこちらで車が止まっていました。それを見て、こんなにもノーマルタイヤで雪道を走行しようとしている人がいるという事実に驚愕しました。そして、この関東で雪の日に車に乗ってはいけない。たとえスタッドレスを履いていたとしても、ノーマルタイヤの車にぶつけられる可能性が高い、と思いました。

 

雪を舐めたらいけません。道路の凍結もそうです。スタッドレスを履いていたって滑って制御できないこともあります。これくらい大丈夫、が取り返しのつかないことになったりしますので、くれぐれもご注意を…。

 

ちなみに、朝フロントガラスが凍ってるからとお湯をかける人がいます。絶対にやってはいけません!ビシィ!っと音を立てて割れます。フロントガラスの交換、高額です。

 

フィルター掃除が楽々!これは使える100均の掃除機用ブラシ

100均で売っているもので、めちゃくちゃ役に立つものってありますよね。ホームセンターとかで1000円以上するのに、同じようなものが売っていたり。

 

つい最近買ったもので一番好きなのがこれ

 

f:id:papa-since2017:20190203224852j:plain

 

掃除機に取り付けるブラシ

 

これの何が良いかというと、空気清浄機のフィルター掃除がとっても楽なんです。空気清浄機のフィルターって網目状になっていて、掃除機だけで吸うと取り切れなかったり、掃除機の吸い口でプラスティックが傷ついたり…。でも、このブラシを使うと、傷付けることなく、すべての埃を掻き出してくれます。何より100円なのでブラシが汚れたら捨てられる。

f:id:papa-since2017:20190203224955j:plain

網目の中までしっかり。

 

f:id:papa-since2017:20190203224922j:plain

フィルターを通り越して本体についた埃も綺麗に取れます。 

 

埃が溜まってるフィルター系にはすべて有効でした。お風呂の浴室乾燥機のフィルターもばっちり。

 

あとはトイレのこんなところとか、

 

f:id:papa-since2017:20190203225046j:plain

意外と溜まるこんなところとか…

 

f:id:papa-since2017:20190203225104j:plain

100円ですぐ捨てられるからこそ使える。

 

家の中は埃がすぐに溜まっていきますね。

トミカのクレーンゲームに小銭を吸い取られる

独身の頃はクレーンゲームにハマってワンピースのフィギュアだったり、よくわからないラジコンだったり、絶対に買った方が安いであろうお菓子を落とすのに必死になっていました。特に巨大なぬいぐるみは置く場所に困るのがわかってるのに取ってしまう。そのうちに部屋が狭くなってきて、埃をかぶって…という流れです。でもぬいぐるみって捨てずらいんですよね。あの表情がなんとも切なくて。ビニール袋に入れた瞬間に泣いてるような気がして。そんなこんなで、結婚してからはしばらくクレーンゲームからは遠ざかっていました。(お菓子系とかはたまにやってましたけど)

 

子供が出来てから、ターゲットが変わりました。

 

f:id:papa-since2017:20190203223702j:plain

トミカです

 

自分は車が好きなんですが、子供は男の子。きっと車が好きになるであろうと思い込み、トミカのクレーンゲームを見つけてはチャレンジ。当時超人気だったワンピース関係の景品は軒並み難易度が高く、取るのに数千円はザラでした。トミカは子供向け。きっと難易度も低いだろう…と思いきや

 

意外と難しい

 

あっというまに財布の小銭が無くなっていきます…

 

取れた時の息子の顔を想い、チャレンジを続けてやっとパトカーが取れました。

 

f:id:papa-since2017:20190203223729j:plain

でも、正直まだ何なのかよくわかってないでしょう(笑)

 

アンパンマン系やガラピコ関係なども色々チャレンジしたくなります。

f:id:papa-since2017:20190203223829j:plain

でも、どれも難しいんですよね。どうしましょう。あっという間に金欠です。

ペーパーレス化を目指すipad活用作戦

ipad mini2の購入動機

我が家にはipad mini2があります。当時、スケジュール管理を手帳からスマホのカレンダーアプリに変えたのですが、

 

字が小さすぎて読めない!

 

というわけではなかったんですが、なんか手帳としては見づらくて、ちょうどminiのサイズ感が気に入り購入に至りました。あれから数年経ち、結局持ち歩きを考えるとスケジュール管理もスマホに頼ってしまうという凡ミス。途中、趣味の音楽用として色々活躍しましたが、それも一時。miniは活路を見いだせず、布団でhuluを見る機械と化してしまいました。

 

時々しか充電してもらえなくなったminiは思います。

「このままワイは電源すら入らなくなってまうんやろか・・・」

「hulu見るだけなら他の人(タブレット)でもいいんちゃいますの・・・」

 

そんなminiは更に、たびたび訪れるiOSアップデートで重くなっていきます。

「もうアカン・・・これ以上動けへんて・・・」

 

そんなminiに突然の転機が訪れます。ご主人が突然ペーパーレス化を思い立ったのです。突如miniに入れられる複数のメモアプリ。そして複数のスタイラスペンがminiの上で踊り始めます。ここからminiの快進撃がはじまり

 

ませんでした。

 

 

スタイラスペンを選ぶ

スタイラスペンは最初、amazonの安くて評判のよいものを購入しました。しかし、書きズレであったり、反応の鈍さが目立ち使い物になりません。次にスタイラスペンが良いものなら多少違うのか、と思い、adonitのjot proを買いました。

 

同時に、画面の保護フィルムをペーパーライクという、紙に書いているような感覚が味わえるものに張り替えしてみました。

 

 

 ズレもあまりない(完全にないわけではない)、認識されないということも、ほぼほぼ少ない。ペン先の丸い円盤がたまに取れてしまって、床に落とすと、どこに転がっていったのか探すのに一苦労するということはありました。ペーパーライクフィルムの書き心地も好きです。でも、やっぱり気になるのは

 

タイムラグ

 

こればかりはストレスにしか感じませんでした。結局はペーパーレス化は断念。今は手書きに戻っています。

 

ペーパーレス化にはもう一つ選択肢がありました。それはBluetooth接続のキーボードを購入する手段です。しかし、それだと自分の持っているモバイルノートとあまり変わりもなく、自分には利点を感じられなかったです。

 

apple pencilの登場と評判

そんなこんなで発売になったのがapple pencilです。これはとっても評判が良い。紙に書いているのと遜色ない、とのレビューが多く、期待大です。よし、これを買ってみようと思ったのもつかの間、私の持っているmini2では使えないんです。困ったなぁ、と。ペーパーレス化はしたい。でもandroid端末は好きじゃなく、appleが良い。(ず~っとmacユーザーですので)

そんなこんなでipad proの新しいのが発売され、apple pencilの新しいものも出てきました。

 

 しかしproは高い!なんじゃこれ、新しいノート買えちゃうよ!って値段です。ところが、新しいノーマルipadが登場し、こちらでも旧apple pencilが使えるようになりました。お!いよいよ買い替えか!と考えながら年を跨いだ今日この頃。mini5発売の噂がチラホラと聞こえてきました。やっぱりminiのサイズ感は捨てがたい。今はmini5の登場を待ちわびています。

 

ちなみに、mini2はある日突然の異動を命じられました。

 

近い将来、車の後部座席にて子供が動画を見る為の役職に命ず。

 

 今はアプリなどを消去し、色々なアニメの動画が大量に取り込まれています。

超乾燥肌対策におすすめクリーム&頭皮のかゆみ対策<ニュートロジーナとガルバス>

 

自分は超が付くほどの乾燥肌です。母親も肌が弱く、弟はアトピーです。自分の子供の肌が弱いのは、きっと自分の家系のせいでしょう。

 

乾燥肌対策に、これまでは毎年秋ごろに皮膚科に行き、ローションやステロイド入りのクリームを処方してもらっていました。が、今年は病院に行く暇がなく、すでに乾燥肌がやばいことになっていました。去年貰ったローションの残りをちびちび使っていたものの、肌が乾燥していくのが自分で分かります。何か良いものがないかな、とAmazonを見ていたところ

が目に留まりました。まぁまぁの値段がするけど、評判も良い…。そういえばドラッグストアで見たことあるから近所でも手に入る…

 

早速取り寄せて使ってみました。ポンプ式のものを購入したのですが、だいたいワンプッシュで両腕だったり、胸一面、足なら片足分って感じです。もったりとしたクリーム状で、サラサラとかにはなりません。塗った箇所は、塗った感が満載です。でも、それが良い。なにか肌の上から守ってくれてる感じがする。でも、塗った上から着た肌着がくっつくわけでもなく、服を着てしまえば気になりません。そのまま朝までしっとりしたままです。最初はお風呂上り+朝の2回使っていましたが、わりとしっとり感が続くので現在はお風呂上りのみの使用です。

 

そして自分は頭皮もかゆみがあります。こちらは冬に限らず、通年で痒いという状態。頭はしっかり洗っていて、フケも別に出るわけでもなく。ただ「痒い」んです。たまにかさぶたが出来ているので、多少なり出血もしてるかも。追い打ちをかけたのが、皮膚科にも通ったのですが、改善されなかったんです。良いと言われるシャンプーを色々試しました。

 

まずはオクト

こちらは値段も安く、容量もいっぱい入っています。最初は効いてる、と思ったんですが、自分は症状が再発してしまいました。

 

次にメディクイックH

こちらは値段が少々上がるんですが、コンディショナーを必要としないのでおトク感があります。しかしこれも自分には効きませんでした。 

 皮膚科で薦められたコラージュフルフル

 

 

さらには、頭皮に次亜塩素酸のスプレーをかけて菌を殺すのが良いとの記事も見かけて、こんなのも買いました。

 

 

 

これは後に、子供のノロ騒動の際に役に立ちました(笑)さらに、臭い消しにもなるので、油ものの調理後や子供のトイレ後、ポイテックの中になど、いろんなところに役立っています。でも頭皮には効きませんでした。

 

さて、この痒み対策のシャンプーは色々あるんですが、軒並み高額なんです。リンスとセットで買うと更に高い。でも効果を考えると、セット購入が良い気がして。正直、痒みには変えられないと思い、色々試してきましたが、さすがに選択肢が無くなってきた時に、一本数千円のものには手を出せませんでした。そんな時、この商品を見つけました。

正直、デザイン(失礼)や値段から、効かなそうだなと思っていましたが、ものは試しと購入。最初はまぁ、こんなもんか…と思っていましたが、1週間使ったときに、痒みが減っていることに気が付きました。あれ?そういえばかさぶたもあんまり無いかも。痒みはゼロにはなりませんが、これまで試した中では抜群に効いています。そしてリピートしやすい値段。乾いた時の感じも気に入っています。

 

多分、人によって全然効果は違うんだろうなと思います。私が使ってきて効かなかったけど、他の人では効果あり、との評判も良く聞きます。現に皮膚科ではコラージュフルフルを薦められましたし。さすがに通院して良くならなかったときは困りました。一生このままか~と。でも藁にもすがる思いで探してみてよかったなと感じています。

 

願わくば子供が同じ思いをしなければよいのですが・・・。

声で操作できるAmazon Fire TV Stickが意外と便利

一昨日のブログで、huluの利用遍歴を書き連ねました。

 

papa-since2017.hatenablog.com

 

wiiから始まり、PS3、そしてFire TV Stickと。共通していることが一つあります。

 

 見たい番組の検索を画面上のキーボードで入力していくのは、とっても手間である

 

ということ。こればっかりはとても大変です。wiiとかPS3にキーボード繋げて入力すればいいじゃん、って感じですが、いちいち繋げるのも面倒だし、常時繋げておくほどゲーム機も使用していないってのがありました。その点、Fire TV Stickはマイクのボタンを押し続けている間、声での入力が可能です。

 

「いないいないばぁ」と言うだけで、関連の番組が一気に並び出てきます。

滑舌の悪い自分でもしっかりと判別してくれるのでとても楽です。

 

 

以前のブログで書いたとおり、アレクサ!とか声で入力はあんまり必要ないかなぁって思ってるんですが、こういう使い方ではとても素晴らしいと思います。iphoneのsiriはなんかイマイチだなぁって思うんですが、googleはいいですね。siriは反応が悪いなと思います。

 

ヘイ、シリ!

 

ヘイ!へいへい!

 

へい!しり!!しり!!

 

ピコン

 

「ご用件はなんでしょう」

 

みたいなやり取りはフラストレーションが溜まります(笑)

というか機械に無視されるってのは本当に滑稽だなと。

ただ、唯一めちゃくちゃ助かった時が、以前ブログで書いた、子供がノロに罹った時です。

 

papa-since2017.hatenablog.com

 

子供が起きて、奥さんはまだ寝ている。何気なくおむつを替えようとした時、おむつを外した瞬間に大量の下痢、というか水。またたくまに床にあふれ出し、子供は泣きながら動こうとする。両手は子供の足と身体を抑えるので精いっぱい。奥さんを呼ぼうにも部屋が離れていることと全ての扉が閉まっている。声は届かないかも。ふと、数メートル先に置いてある携帯が目に入り「ヘイ、シリ!奥さんに電話!」と言うと、繋がったんです。奥さんが気が付いて「なんで電話??」と起きてきて、結果二人で処理することが出来ました。実はこれがノロに罹った後のおむつ交換1回目です。この時ばかりは音声認識に助けられたと思いました(笑)

 

音声認識、使うと便利なのかもしれないけれど、夢に見ていたハイテクな未来に近づいた?のか、そうでないのか。よく分かりません。

 

ところでhulu然り、amazonプライム然り。それぞれに独自のオリジナルコンテンツが色々出来てきました。よくCMでやってる芸人さんの番組とかですね。自分は今の所、見てはいないのですが、すっごい面白いよ!っていう話も聞かないので、今はまだ地上波を超えるような勢いじゃないんでしょうかね。

ピザを手作りしてみる<Panasonic 3つ星ビストロ NE-BS1400>

しばらくパン作りを休んでいました。理由は、週末の度にパン作りしていたら、奥さんに「またパン?」と言われてしまったからです。。確かに、まだバリエーションは少なく、ちょっと飽きてきてたかもしれません。で、年末の忙しさ&ノロに罹患したこともあり小麦粉からは距離を置いていました。

でも、ぼちぼちまた上手いパン作りの旅に出ようかと思い、何を作ろうか迷っていたところ、ポストに宅配ピザのチラシを発見!高いなぁ~、でもおいしそうだなぁ~と迷っていた時に、あれ?このピザ屋って母体はパン屋だったなぁと思いだし

 

あ、ピザ作れるかも

 

と安易に思いました。で、作ってみました。

 

文字パンを作った時のブログに使用しているパナソニック 3つ星ビストロ NE-BS1400について記載しています。

 

papa-since2017.hatenablog.com

 

 

f:id:papa-since2017:20190129202854j:image

生地作りはパンとあんまり変わらないですね。


f:id:papa-since2017:20190129202842j:image

レンジを使って発酵させていきます。ピザの底の部分と、耳の部分をそれぞれ分けています。


f:id:papa-since2017:20190129202823j:image

薄く伸ばした底面に、丸く伸ばした耳の部分を粘土細工のようにペタペタ。具材は奥さんと協議して満場一致でネギ塩チキンとなりました。チキンは事前に下味をつけて漬け込んでおきます。ネギは大きめに切って山盛りの具沢山ピザ風。


f:id:papa-since2017:20190129202848j:image

焼きあがりました。

 

耳の部分が割れました。

 

残念!

 

耳のところが膨らみすぎてしまいましたが、まぁまぁ美味しいというか。この場合はパンの味っていうよりは具材の味付けさえ間違えなければ大丈夫な気がします。子供にはまだ早い!ってことでお預けで、ビールと一緒に頂きました。

 

不格好なピザだけど美味しかったです。買うと高いピザだけに、コストパフォーマンスも良い。こちらも精進してもっと美味しいのを作りたいなぁ。

子供が生まれて見れなくなったもの、見方が変わったもの<hulu利用遍歴>

huluの利用遍歴

まだ独身の頃からhuluを利用し続けています。懐かしいですが、昔はwiiで見ていました。その後PS3で見るようになり、今はfire TV stickを使用しています。

www.happyon.jp

 

 なんといっても魅力は映画が豊富であるということ。自分は洋画が大好きで、特に何も考えずに見れるアクション物、パニック物、サスペンス物が好きです。huluには最新作は無いものの、昔見た懐かしの映画から、見逃したシリーズ物までが揃っていたので、本当に重宝しています。

 

 24 -TWENTY FOUR-にどハマり

中でもハマったのは、アメリカのドラマシリーズです。やっぱり外せないのは24 -TWENTY FOUR-です。まだ学生の時、深夜に何気なく付けたテレビでやっていたのを見てどハマりしました。あの時はレンタルするお金もないし、テレビは続きが気になっても1週間後だし、、それが今やhuluで見放題ってのは感激です。登場人物の行動にイライラすることもあるけど、それだけ物語に引き込まれてるってことでしょうかね。あとはプリズンブレイクもハマりました。これは最近続編が出ましたが、正直いらなかったかも…。

 

そしてここ最近のヒットはウォーキングデッドでした。去年までは新しいシーズンが出る度にワクワクして見ることが出来ていたんですが、子供が生まれてから見る気が起きなくなりました。やっぱり子供が犠牲になるシーンがある物語はキツいです。

 

子供の影響

一方で、これまで全然興味のなかったものを全く違った感情で見るようになったのが、はじめてのおつかいです(笑)これは本当に自分の子供に当てはめてしまいます。頑張れ!とか応援しながら見てる自分が信じられません。あとはNHKの教育テレビ。子供が楽しそうに見る番組は一緒に見ちゃいますね。逆に24 -TWENTY FOUR-なんかは、言葉遣いが悪くなりそうで見せたくないです(笑)

 

huluは自分が子供の頃に見た映画もラインナップされているので、いつか一緒に楽しめたらいいなと思う反面、なんか古くさくて嫌だと言われたらショックです…。あとはドラえもんとか、大山のぶ代の声のDVDはあるんですが、きっと声が変!って言われるんだろうなぁ。とりあえず一緒にジュラシックパークとか見たい!

虐待に見る、叩くという教育方法

怒りを妄想に変換…

教師が生徒を叩いた動画が流出したというニュース。接客や対人業務をやっている人なら、少しは思うところがあるんじゃないでしょうか。理不尽なクレームや対応を迫られる時ってありますよね。自分はついカッとなって、相手に対してめちゃくちゃに言い返して、その後の仕事なんかもうどうでもいい、退職したっていい、ぐらいに言っちゃう・・・という妄想をします(笑)その後、しばらく考えて、妄想通りの行動に出なくてよかったな、と思い返します。最近は、起きたことをポジティブに捉えてみようとも思い、この出来事があったから、次回に活かせるという風にも考え始めました。

自分の立場だと、仕事上のお客に対してだけではなく、上司や部下に対してもフツフツと沸き起こることがあるので、尚更前向きに捉えるように今は心がけています。

アンガーマネージメントとは違うかもしれませんが、脳内の妄想を現実でいくと、きっと何十回と転職してるような気がします(笑)

 

ニュースは動画の流出から徐々に、擁護したコメンテーターへの批判にシフトしているようです。確かに、暴力はいけないと思います。では、なんで暴力はいけないんでしょう。深くそこまで突っ込んだ説明をしている方はあんまりいないのかな、と思います。(ちゃんと全部のニュースを見てないので、言ってる人がいたらごめんなさい)

 

禁じ手として成立している「暴力」

力で強弱を決めていた大昔と違い、現代では叩くなどの暴力行為はいけないことであると教えられて育ちます。周囲も含め、日本だけではなく、基本的には地球全体に住む人間の共通ルールであると思われます。ということで、深層心理の中に、叩くという暴力行為は「禁じ手」であるというのがインプットされている状態ではないでしょうか。(暴言などによる精神的虐待はまだここまでは周知されていないとも思います)

そして、何かのキッカケでこの禁じ手を発動してしまった人間には、この禁じ手は相手に対して、かなり有効であり、簡単な手段であると覚えてしまうのだと思います。虐待やDVを繰り返してしまう方には、この非常に簡単で有効な手段に甘えてしまう弱さがある気がします。勝った時の気持ち良さを忘れられないギャンブル依存にも似たようなものでしょうか。

 

連鎖

さらに、この禁じ手を受けた相手は、未熟な方であるほど、この禁じ手を受けたことで「禁じ手を覚えてしまう」と思います。ここにあるのは暴力が連鎖していくということです。

ここは声を大にして言いたいのですが、これは全員に当てはまることではないです。受けた暴力を反面教師にする方もいます。虐待を受けた経験のある方が、かならず自分の子に虐待をするとも思っていません。あくまで、(年齢や精神的に)未熟な方がそういう連鎖を起こしてしまう可能性が高いと感じています。

 

ここまでは全て自分の考え方です。違うよ、と言われるかもしれませんが、自分の経験で感じ取ってきたものから、こんな考えに至っています。仕事柄、叩く方と接する事が多いのですが、おおよそ叩く方は(だいたい親御さんから)叩かれてきたという現実があります。あまり詳しくは書きませんが、こういった経験を踏まえて、連鎖が起こっているのだと考えています。

 

自分が学生の頃

自分が中学生ぐらいの頃、いじめ問題と肩を並べて、暴力を働く教員への大きなバッシングが世間を賑わせていました。小学生までは、普通に先生が叩いていたのに、中学生になった頃に急に先生が弱くなったと感じました。小学生の頃は、普通に定規でバシバシ叩かれていましたが、親がそれに対して何か言うということもなかったのと、叩かれた生徒が怪我をするということもなかった気がします。確かに、めちゃくちゃ痛かったし怖かったんですけどね・・・。しつけとして成立していたのであれば、ある意味では怖い時代であったと思います。

 

あの学校の件について

例の学校のニュースに関しては、報道されている事が事実であれば正直生徒も悪いと考えます。先生も、耐えに耐えた末の結果だったのかもしれません。でも叩いたのは悪かったと思います。先生という立場であることと、やっぱり連鎖を生むんじゃないかと考えるからです。誰かがワイドショーで言っていたように、大人を舐めるな、という意味で、暴力以外の選択肢で生徒に対しての何らかのペナルティがあっても良いのかなと思います。その為にも、悪意のある生徒の行動と、本当に罪のない生徒に対して暴力行為を行う先生の行動を見分ける第3者的な立場の人間が教育の現場には必要なのかなと思います。それはやっぱり行政が仕組みを作らないといけないし、このままだと教育の現場の成り手が減る一方じゃないかな、と考えます。

正直、難しい問題だけども、なぜ暴力がいけないのかを自分なりにまとめてみたブログでした。

ラクーナビッテの背もたれ改造3とその後

前回の改造日記から日が経ってしまいました。

 

papa-since2017.hatenablog.com

papa-since2017.hatenablog.com

 

その後、作ったクッションを使用し続けています。

 

f:id:papa-since2017:20190129210950j:image

こんな感じです。写真だとわかりづらいですが、腰の部分までしっかりと背当てが来ていてフィットしている感じです。嫌がることもありませんが、写真だと窮屈に見えますね…

 

正直、この数か月で奥さんとBタイプのベビーカーを買うかどうかで何度か話し合ってきました。店舗に足を運んで、実際に乗せてみたりもしましたが、なんかしっくり来るものが無く購入に至っていません。Aタイプだと、確かに重いんだよなぁ~と思いつつ、小さく折りたためるBタイプなら便利かな~とも思いつつ…。

 

今あるベビーカーをどうするか問題

そして、今使ってるラクーナビッテをどうするか、という問題もあります。我が家は賃貸です。使わないベビーカーを閉まっておく場所が無いんです。売ってしまおうか、とも思いますが、あちこち傷も付いていて、数万円で買ったものが数千円程度にしかならない可能性も高く、少々もったいない。2人目が出来た時(そもそも作るかわからないけど)に、売らなきゃよかったって思うのは明白です。

 

歩き始めたことで変化が・・・

もう一つ、Bタイプ購入を迷っている件があります。それは、

 

座ることを嫌がるようになった

 

ことです。まぁ、歩きたいんでしょうね。自由にあっちこっち行きたいんだろうな、と。その気持ちもわかります。なので最近ではベビーカーの出動機会も減りました。前はスーパーや買い物に出かける度に持っていってたんですが、このところは基本は歩きで、座らせたい場合は、その場にある幼児が座れる買い物カートを使っています。前は、カートの手に届く範囲のものをすぐに舐めてしまってしたのも、最近は落ち着いてきたっていう理由もあり、外のものを使うことに抵抗が無くなってきました。

 

この状態で新しいベビーカーを買うのはやっぱり躊躇ってしまいます。ということで、今だ我が家はAタイプのラクーナビッテを使用しています。まぁ、まだまだ乗れそうですし、必要ならもっと改造すればいいか~と呑気に考えています。