34歳で新米パパになった男の奮闘記

男の子のパパになり早1年。趣味は車と音楽と(子育てといいたい)。趣味や育児について父親目線で書き連ねていきます。

100均で買ったディズニーのまめ椅子を改造する

f:id:papa-since2017:20190312233134j:plain

離乳食も終わり、少しずついろんなものが食べれるようになってきました。これまではずっと食事の際はベビーラックを起こして食べさせていました。いよいよ普通に座れる椅子を探していた時、なんと100均でちょうどいいものを見つけました!

ちなみに、我が家で使っているベビーラックはスイングは手動のもの。電動のものがいっぱい発売されてますが、そこまで必要性を感じなかったので全然オッケーでした。とっても使いやすいのと、なぜか昼寝はここだとスヤスヤ寝てくれるので重宝しています。ベビーラックは使いやすくてよいのですが、そろそろテーブルで一緒にご飯を食べたいと思い、子供用の椅子を探していました。そんな時、ダイソーでディズニーのまめ椅子を発見!お値段は100均で見かけると「高っ!」と思ってしまう500円…。しかし、作りもしっかりしていて、がたつきは無し。座るとピーッ!と音もなるし、なによりディズニーということで奥さんのお眼鏡に叶い購入となりました。

初めての豆椅子。その使用感

さて、いざ座らせてご飯を食べようかという時になり、椅子にじっと座っていないというのは、まぁ想定内。ところが、なぜか座った際のピィーって音で泣いてしまいました。さらには動くことで足が側面のフレームの中に入ってしまい、変な座り方になってしまうという問題も発生。なにより、そのまま立ち上がろうとするので非常に危ない!そこで急遽100均で買って取っておいたプラスティックダンボールと結束バンドを使って側面を埋める作業を行いました。ついでに、せっかく鳴っていた音も消してしまおう。

 

ピィーっと鳴る音を消す

まず、音ですが後ろにある吹き出し口をグルーガンで埋めていきます。

f:id:papa-since2017:20190312234937j:plain
ちょっともったいなかったけど、怖がって座れないんじゃ椅子の意味がないので…。

 

側面を埋めていく

次に側面をプラスティックダンボールを押し当ててサイズを計測。

f:id:papa-since2017:20190312235146j:plain

こんな感じで両側面を埋めてみました。ちなみにプラスティックダンボールの切断面はテープで覆うようにしているので、そこで怪我をすることはありません。次に2〜3センチ間隔で穴を開けてから結束バンドで留めていきます。

 

立ち上がらないようにベルトをつける

これで側面に足を突っ込むスペースは無くなりました。ついでにベルトを付けてみました。自分の使ってなかったベルトを簡易的に取り付けて完成です。

 

f:id:papa-since2017:20190312235014j:plain
最初は座る事自体を嫌がることもありましたし、ベルトをつけていることで椅子ごと立ち上がることもありましたが、なんだかんだで1週間ぐらいすると、ご飯の時間になると自らちょこんと座ったりして可愛らしいです。

 

今はまだ食べさせている状態ですが、いつかテーブルを囲んで鍋とか焼肉出来たらいいなぁとしみじみ思います。