34歳で新米パパになった男の奮闘記

男の子のパパになり早1年。趣味は車と音楽と(子育てといいたい)。趣味や育児について父親目線で書き連ねていきます。

ペーパーレス化を目指すipad活用作戦

f:id:papa-since2017:20190315004211j:plain

我が家にはipad mini2があります。当時、スケジュール管理を手帳からスマホのカレンダーアプリに変えたのですが、会議録などもipadで完結できないか?と思い立ち、ペーパーレス化にチャレンジしました! 

最初はiphoneでペーパーレス化にチャレンジしようとも思いましたが、

 

字が小さすぎて読めない!

 

というわけではなかったんですが、なんか手帳としては見づらくて、ちょうどminiのサイズ感が気に入り購入に至りました。あれから数年経ち、結局持ち歩きを考えるとスケジュール管理もスマホに頼ってしまうという凡ミス。途中、趣味の音楽用として色々活躍しましたが、それも一時。miniは活路を見いだせず、布団でhuluを見る機械と化してしまいました。

 

時々しか充電してもらえなくなったminiは思います。

「このままワイは電源すら入らなくなってまうんやろか・・・」

「hulu見るだけなら他の人(タブレット)でもいいんちゃいますの・・・」

 

そんなminiは更に、たびたび訪れるiOSアップデートで重くなっていきます。

「もうアカン・・・これ以上動けへんて・・・」

 

そんなminiに突然の転機が訪れます。ご主人が突然ペーパーレス化を思い立ったのです。突如miniに入れられる複数のメモアプリ。そして複数のスタイラスペンがminiの上で踊り始めます。ここからminiの快進撃がはじまり

 

ませんでした。

 

 

スタイラスペンを選ぶ

スタイラスペンは最初、amazonの安くて評判のよいものを購入しました。しかし、書きズレであったり、反応の鈍さが目立ち使い物になりません。次にスタイラスペンが良いものなら多少違うのか、と思い、adonitのjot proを買いました。

 

同時に、画面の保護フィルムをペーパーライクという、紙に書いているような感覚が味わえるものに張り替えしてみました。

 

 

 ズレもあまりない(完全にないわけではない)、認識されないということも、ほぼほぼ少ない。ペン先の丸い円盤がたまに取れてしまって、床に落とすと、どこに転がっていったのか探すのに一苦労するということはありました。ペーパーライクフィルムの書き心地も好きです。でも、やっぱり気になるのは

 

タイムラグ

 

こればかりはストレスにしか感じませんでした。結局はペーパーレス化は断念。今は手書きに戻っています。

 

ペーパーレス化にはもう一つ選択肢がありました。それはBluetooth接続のキーボードを購入する手段です。しかし、それだと自分の持っているモバイルノートとあまり変わりもなく、自分には利点を感じられなかったです。

 

apple pencilの登場と評判

そんなこんなで発売になったのがapple pencilです。これはとっても評判が良い。紙に書いているのと遜色ない、とのレビューが多く、期待大です。よし、これを買ってみようと思ったのもつかの間、私の持っているmini2では使えないんです。困ったなぁ、と。ペーパーレス化はしたい。でもandroid端末は好きじゃなく、appleが良い。(ず~っとmacユーザーですので)

そんなこんなでipad proの新しいのが発売され、apple pencilの新しいものも出てきました。

 

 しかしproは高い!なんじゃこれ、新しいノート買えちゃうよ!って値段です。ところが、新しいノーマルipadが登場し、こちらでも旧apple pencilが使えるようになりました。お!いよいよ買い替えか!と考えながら年を跨いだ今日この頃。mini5発売の噂がチラホラと聞こえてきました。やっぱりminiのサイズ感は捨てがたい。今はmini5の登場を待ちわびています。

 

ちなみに、mini2はある日突然の異動を命じられました。

 

近い将来、車の後部座席にて子供が動画を見る為の役職に命ず。

 

 今はアプリなどを消去し、色々なアニメの動画が大量に取り込まれています。